iCloudへこまめにデータのバックアップをしておきましょう。 | 立川でiPhone修理・買取ならバッテリー・ガラス交換が可能なリペア本舗へ
iPhone修理 リペア本舗TOP > iCloudへこまめにデータのバックアップをしておきましょう。

iPhone 即日返却
JR立川駅南口、多摩都市モノレール立川南駅
アレアレア前エスカレーターを降りて徒歩1分

お得情報

iCloudへこまめにデータのバックアップをしておきましょう。

さて、今回はiCloudのバックアップ機能について少し説明させていただきます

 

 

Wi-Fi環境があれば、iPhone、iPadなどを楽にバックアップできるというのがiCloudバックアップの強みです。しかし、意外に知られていないのが180日ルールです。

 

 

ーiCloudバックアップの保存先は?ー

 

iCloudでiPhoneをバックアップすると、どこにデータが保存されているか気になるところです。無料で5GBまで使えるiCloudストレージにデータが保存され、そのストレージはAppleのサーバで管理されています。

 

 

 

ー180日以上過ぎるとー

 

iCloudで最後にバックアップしてから180日以上が過ぎると、Appleはそのバックアップデータをサーバから「削除」できるようになっております。

 

このことはiCloudの利用規約にその規定が記してあります。(「II. 機能およびサービス」の「C. バックアップ」)。

 

ただ180日後、必ず「削除される」と言うわけではなく「削除できる状態になる」というだけで、バックアップデータがすぐに「削除」されることは確率でいうと低いです。

 

ですが、いつ「削除」されてもおかしくない状態になっていますので、万が一のときに使うためのバックアップとしては避けたいところです。

 

 

 

ー180日放置の可能性―

 

たとえば「Wi-Fiをつかわない」「充電中しながらiPhoneを頻繁に使う」「iCloudに空き容量がない」という状況が続けば、バックアップができなくて180日以上が過ぎる可能性は十分にあります。

 

iCloudバックアップを使い始めてから、英語のメッセージがたびたび表示されるようになったときは、空き容量がないことを警告していますので注意が必要です。

 

 

 

ー月に1回はバックアップしようー

 

バックアップができる状況を整え、月に1回はiCloudバックアップを行うことをおすすめします。月に1回って忘れちゃうよ!って思う人が多いかと、

 

例えば月初めや月末、お給料日、などなど月に1回来る行事やイベントと一緒にバックアップをしてみても良いと思います。

 

その行動が習慣になれば、180日ルールを恐れる理由なんて無いのです。

 

さぁ!

iPhoneをWi-Fiにつなぎ、設定アプリの【iCloud】→【バックアップ】を開きます。そして【今すぐバックアップを作成】をタップしましょう。



修理メニュー